Está en la página 1de 4

知識創造論

最終課題

MOHAMMED IRFAN
知識科学研究科修士課程2年
#1050049
KJ 法とは文化人類学者である川喜田二郎氏によって 1965 年に開発されたアイデア開
発法である。まず、テーマに関するアイデアをカードに書き出し、そこから書いたモノ
は机などの広げられるところに並べる。書いたカードの中で、似たものを集めてタイト
ルをつける。似たものを同士集めたら、そのグループごとにタイトルをつける。さらに
似たものを集めて、タイトルをつける。2で集めたグループをさらにまとめタイトルを
つける。10 グループ以内になるようにまとめる。3でまとめたものを紙の上で分類す
る。紙の上にそれぞれのカードを置き、グループごとに線で囲む。また関連のあるグル
ープは線を結ぶなどして関連性がわかるようにする。このような知識創造発想法で問題
解決方法だけではなく、革新的な提案できると思う。

私の研究テーマは、「大学院生用科目履修登録作成支援システムに関する研究」であ
る。KJ 法の作業は 5 つ「単位化、グループ化、表札付け、図式化、文章化」流れで行
うことを伴い、私の研究課題も「Summary, Research Goal, Research Contents, Research
Effect, Follow 」 として取りまとめ行いたいと思う。私は自ら研究問題を発見し、KJ
法を基に革新的な思考で解決するため、科目内容を養成することは重要であると思う。
したがって、知識創造における 3 つの視点「Abduction(発想法), Induction(帰納
法),Deduction(演繹法)
」の上に自分の研究活動を掘り下げたいと思っている。知識(ア
イデア)を創造した経験を述べようという思いで、現在 e-learning を中心とした大学
院生 の履修提案システムを研究対象として開発したい。これに、関連してこの講義に
学んだことは、自然に知識を増やすだけではなく、個人、組織、社会、講義の様々な内
容をカードに書き出しアイデア発想法で研究のため知識創造したいと思 っている。

社会がグローバル化されてきているが、教育分野はまだグローバル化が十分に浸透し
ていないと感じている。自分の研究は知の創造と活用を世界に貢献するため、Equal
Education For All 「平等的教育」を社会規則として行いたい。これを促進するため
に、一つのステップとして、先進国でも発展途上国でも平等に学問をする機会を提供す
るための効果的な手段として、e-learning による学習のモデルを作り普及させ、教育
分野で活躍できる人 材になりたいと思っている。
研究要旨では、知識社会に活躍する人材を育成するため、大学院生のそれぞれの専門
領域と関心を活かした科目履修登録を行うことを支援するシステムの研究開発が望ま
れている。そのような大学院生用科目履修登録作成支援システムを構築するには、修了
に当たっての各種制約条件(必修、選択科目など)を満足し、院生にとっても関心の高
い科目を推薦してくれるシステムの研究開発が必要である。これは、個人の興味と学習
スタイルに合わせた支援する。

研究目標として、リアルタイムで学習スタイルとカリキュラムを詳しく知る。近年教
育におけるコンピュータの活用がさかんになっている。学生におけるパソコンの導入率
はほぼ100%に達し、「コンピュータを教える」授業に加えて「コンピュータで教え
る」授業が始まっている。また、各国の大学教育においても e-Learning を導入する大
学数は増加し、様々な形態での e-Learning が実施されている。さらに、インターネッ
トの普及により遠隔地での教育や訓練にコンピュータを利用することなども行われて
いる。これらのことから、e-Learning は新しい教育方法として期待される分野である
と考えられ、研究テーマとして e-Learning 関連の科目履修登録の作成支援に関する研
究を取り上げる。大学院の多様化に伴い、院生の科目履修登録の作成プロセスが複雑に
なっており、情報技術の利用により個別ユーザの多様なニーズを反映する科目履修登録
支援システムの研究開発が望まれている。なぜなら履修計画策定プロセスは各種の制約
条件(修了に必要な単位数、必修科目や選択科目の区分等)を充足し、かつ、個々人の
関心ある研究領域に必要な科目の学習を優先したいと過程する。従来そのプロセスは制
約充足問題として解かれていたが、本研究では制約論理プログラミングを用い、強い制
約と弱い制約という 2 種のプリファレンスのある中での制約解消問題として解決する。

先行研究内容では、新アルゴリズムと PC 力で協力履修登録システムを作る。履修科
目選択システム上で複数の履修登録名候補を推薦するだけである。本研究では関連する
キーワードによって制約条件を満足する、タブ付けそれて講義間を作成し、またそれを
データベースにより各学生の要求を満足し、科目履修を促すアルゴリズムを開発する。
研究方法として、キーワードによってタグ付けされた科目名のデータベースをもとにし
たグラフを作成する。本アルゴリズムは既に履修した講義およびキーワード、修了要件、
院生が専門とする分野、興味のある分野をパラメータとして、履修済みの講義に近い内
容の講義など強い制約に基づく専門学習向け履修の提案、履修済みの講義からは遠い位
置づけであるが学生が興味を持っているであろう内容の講義といった弱い制約に基づ
く個々人の履修提案などが出力として得られる。このシステムは制約論理プログラミン
グ言語(CLP)を使って実装する。このシステムによって、学生の講義内容のミスマッ
チが防がれることによる、学習効率の向上が期待できる。

本研究で得られた効果は、学生の能力を開発に支援する。学生の科目履修のミスマッ
チを減らすことコンピュータの自動計算上に学生は効率的な科目履修を提案すること
ができる。学生が気つかなかった、専門の学習に役立つ講義を提案できる。生に効率的
な科目履修を提案することができる。特に、学生に幅広い教養的知識を学習させること
思っている。

この研究は KJ 法を活躍で、学生諸君への問いかけ研究システムを実行するため問題
と情報系部分を分析すれば、私の提案である「大学院生用科目履修登録作成支援システ
ムに関する研究」の新 システムの検討、設計、構築後には、利用者の反応を得る実現
と実践で現システムより有用であることを主張したいと強く望んでいる。